アメリカ極妻の旅行日記♪

カテゴリ:パリ( 19 )

パリのお土産は、ピエール・エルメ♪

f0032683_2134316.jpgパリといえば、ピエール・エルメ♪
今回のお土産、何にしようかな〜。
マカロンにしようかな〜♪

f0032683_2135718.jpg今回の訪問時は真夏ということで、
マカロンの賞味期限は3日間が理想。
帰国日は朝早い飛行機ということで、
当日朝のお買い物は時間的に無理〜。
結局マカロン購入は泣く泣く諦めて、
ボンボン・ショコラ詰め合せを2箱と
ゆっくり楽しめるショコラ・ショーに
パン・オー・ショコラなどなど。

f0032683_2141119.jpgラ・メゾン・デュ・ショコラとは
また違った魅力の美味しさ〜〜〜♪



ちなみに、来年ドバイにも進出し、
嬉しい事に、なんと我が香港にも、
ボンボン・ショコラ&マカロンの
ピエール・エルメ販売店が開店〜♪
くーーーっ。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-12-10 21:27 | パリ

PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)本店へ♪

f0032683_1001176.jpgパリのPIERRE HERMÉ PARIS
(ピエール・エルメ・パリ)本店へ♪
続いては、輝きのショーケース編♪

f0032683_1002336.jpg大好きなドゥ・ミルフィユ〜♪

f0032683_1003721.jpgマカロンが苦手だったごくちまを、
マカロン大好きにしてしまったのが、
このピエール・エルメのマカロン♪

f0032683_1004947.jpg眺めているだけで超幸せな気分に♪

f0032683_101045.jpgどれにしようか悩んでしまうのは、
日本人だけでなくパリジャンも同じ。

f0032683_1011094.jpg毎日一種類ずつ攻めて行きたい〜。

f0032683_1012049.jpgピーチのフレッシュな美味しさが
堪能しまくれる、初夏限定のこちらは、
Fetishより、ミルフィーユ・エデン♪

f0032683_1013251.jpg同じく7月限定フェティッシュより、
左は、エモーション・エデンと、
右は、エルメ・キャレ・エデン♪

f0032683_1014258.jpgこちらはカカオ風味のタルト。

f0032683_1015327.jpgストロベリー好きには溜まらない♪

f0032683_102497.jpgちびたカカオは、ビーンズ1つ♪

イスパハン、ああ、イスパハン♪
>一句でけた♪

f0032683_1022852.jpgマカロン・イスパハン♪
そっと一口齧るだけで、お口の中に
フランボワーズ(ラズベリー)と、
ライチとバラの香りが、ふんわり♪

f0032683_1024285.jpg他のマカロンの誘惑てんこ盛り♪

f0032683_102534.jpg素敵な色のコンビネーションは、
このままポップ・アートとして、
お部屋の壁一面に飾りたいくらい♪

f0032683_10314100.jpgピエール・エルメの代表作の
マカロン・イスパハンを食べたくても、
マカロンが少し苦手な方にオススメは、
このイスパハンのブラック・ティー。
蓋を開けた瞬間、甘美なバラの誘惑に♪

f0032683_103359.jpg普通に美味しいチョコに飽きた人に、
ピエール・エルメのクリエイティブ、
かつ拘りとクオリティの高さに脱帽♪

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-12-10 11:26 | パリ

PIERRE HERMÉ PARISのIspahan(イスパハン)♪

f0032683_1082468.jpgパリのPIERRE HERMÉ PARIS
(ピエール・エルメ・パリ)本店へ♪
続いては、華麗なイスパハン編♪

f0032683_1062180.jpg甘いライチの香りでいっぱい〜。

f0032683_1065969.jpgしっかり素材にも拘る姿勢が好き♪
瑞々しくフレッシュなラズベリー。
(仏語では、フランボワーズ)

f0032683_1071436.jpgライチとベリーを交互に。。。

f0032683_1073921.jpg深紅のバラも吟味された最高品種♪

f0032683_1072852.jpg接着剤代わりの水飴かな。。。

f0032683_1075034.jpg花びら一枚一枚に丁寧に、そっとそっと。。。

f0032683_108046.jpgこれをつける位置や億位置によって、
栄え方が全然違ってくるんだそう。

f0032683_1081153.jpgその艶やかさに、思わずうっとり。。。

f0032683_1083694.jpg大きなイスパハンにときめく♥♥♥♪

f0032683_1085112.jpgなんと出来立てを試食させて頂ける事に
が、余りの完成度の高さと美しさに、
手の上に載せて頂いたイスパハンに、
しばし見とれて躊躇しまくること数分。
ああ、、、至福の時に浸りまくり♪

f0032683_1094613.jpg宝石箱の様なショーケースの中で
一際華やかに光り輝くイスパハンかな♪
>一句でけた♪

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-12-09 10:43 | パリ

PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)本店へ♪

f0032683_17405563.jpgパリのPIERRE HERMÉ PARIS
(ピエール・エルメ・パリ)本店へ♪
続いては、美しいパティスリー編♪

f0032683_1741699.jpgまるで絵画アーティストの様。。。

f0032683_1741175.jpg美しいだけでは終らないのが、
ピエール・エルメのパティスリー♪

f0032683_17412739.jpg神妙な面持ちで丁寧にカット中。

f0032683_17413665.jpg大きなブレンダーを器用に使いこなす、お兄さん。

f0032683_17414813.jpgフレッシュなマンゴーの香りが辺り一面に充満♪

f0032683_1742084.jpgこの画像だけを観ているとまるで、
美術アーティストかと見紛ってしまう
芸術的なパテ作品を作業中のお兄さん。

f0032683_1742116.jpg一寸たりとも狂いの無い見事な技巧。

f0032683_17422257.jpgこのままでも充分美味しそう〜。

f0032683_17423250.jpgサイコロ状のホワイト・チョコを。

f0032683_17424325.jpgキレイに更にコーティングし。。。

f0032683_17425489.jpgしばしの間、乾燥タイムへ。。。

f0032683_1743437.jpg乾いた物を、そっとセットし。。。

f0032683_17431620.jpg薄い箔を載せて行けば、完成〜♪

f0032683_1743273.jpg一連の作業を観ていると、本当に勉強になるなあ。

f0032683_17433796.jpgちゃんと役割が決まっている様で。。。

f0032683_17434828.jpgお兄さんがパテで均一に仕上げに入ります。

f0032683_1744175.jpg既にかなり魅力的な容姿なのですが、
まだまだ完成ではありません。

f0032683_17435915.jpgつやつやとなんて美味しそうなの。

f0032683_17442817.jpgラッピングに包まれたその姿は、
まさに芸術作品と呼べる美しさ♪

f0032683_17444384.jpgこの月のテーマは、Eden♪

f0032683_17445669.jpgさっぱりとして美味しかった、
初夏限定のマカロンのエデン♪

f0032683_1745745.jpg目に鮮やかなマカロンMontebelloを、
そっとそっと壊さない様にと、
慎重にセットして行く、お姉さん。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-12-07 18:20 | パリ

PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)本店へ♪

f0032683_13335992.jpgパリといえば、泣く子も黙るどころか、
大人も喜ぶ(笑)、ピエール・エルメ

f0032683_13341055.jpgまだ早朝のオープン前ということで、
もちろんお店の中には人影もなく、
ショーケースの中もガラガラの状態。
そこで予めいただいていた携帯番号に
電話をすると、奥から担当の方が現れ、
ドアを開けて下さり、一緒に奥へと♪

f0032683_13342370.jpgピエール・エルメのキッチンへ潜入♪
実はパリのお友達の嬉しい計らいで、
今回ピエール・エルメのキッチンへと
特別に、お邪魔させて貰えることに♪
お菓子作りが大好きな私にとっては、
このキッチン探訪が今回のパリ旅行の
ハイライトといっても過言ではなし!!

f0032683_133502.jpgキッチンに並ぶ、巨大なミキサー類♪
ちなみに、ピエール・エルメでは、
キッチンのことを「Laboratory」
ラボラトリーと呼ぶのだそうですが、
クリエイティブなエルメ氏だけに納得!

f0032683_13361180.jpgこちらの長く薄く美味しそうな生地は、パンの生地♪
開店と同時に、焼立てを買い求められる様にと、
開店の2時間前から、心をこめてせっせと準備中。

f0032683_13351139.jpgキレイに成型し、発酵が終ったパン生地に、
つや出し用の卵液かな?を満遍なくスプレー中。
どのパティシエも、無駄な動きは一切なくて、
まるでオーケストラの如く、皆がひとつになり、
見事な調和で、美しい作品を仕上げて行く感じ。

f0032683_13362628.jpg既に辺りには甘く香ばしい香りが♪
手前から、マカロン・モガドールに、
クイニー・アマンに、ドゥミルフイユ。

f0032683_13363842.jpgマカロンは、モガドール♪
ちなみにマカロンは別ラボラトリーで
連日フル稼働状態で焼上げているそう。

f0032683_1337713.jpg手前から、魅惑のクイニー・アマンに、
アーモンド・タルトかな、とカヌレ♪

f0032683_13372011.jpgアーモンドの香ばしさたっぷりの
クロワッサン・フーレ♪

f0032683_13375456.jpg一番大好きな、パン・オー・ショコラ♪
外側だけじゃなく、一番奥の層まで、
ずっとずっと、さくさく状態と極上〜。
中のチョコが、これまた甘すぎず絶妙。
今まで食べた中で、断トツの一等賞♪

f0032683_133868.jpgパリ滞在中の「正しいおやつ」♪
朝一番の焼立てを紅茶と頬張るのも
それはもう格別な美味しさなのですが
午後ちょっとだけお腹が空いた時にも
即幸せ気分一杯になるクロワッサン♪




、、、つづく♪

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-12-06 15:33 | パリ

パリのホテル「PRINCE DE GALLES」の朝食♪

f0032683_1582448.jpgロビー横にあるドアをくぐると。。。

f0032683_1583650.jpg落ち着いた感じのホテルのレストラン。
晴れた日は、横の中庭のテーブルがオススメ。

f0032683_1584926.jpgミルク・ティーとグレープ・フルーツ・ジュース♪
アメリカでは高級ホテルでさえパックだったりで、
ちゃんとちゃんとの葉っぱの紅茶が嬉しい〜。
撮り忘れたブレッド・バスケットを頼んだら、
美味しいバターとはちみつやジャムてんこ盛り。

f0032683_159134.jpg旦那しゃんは、オムレツ〜。

f0032683_1591323.jpgごくちまは、目玉焼き〜。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-15 15:18 | パリ

パリのフレンチ「l'Arpège(アルページュ)」♪

f0032683_16161372.jpg今回のパリ旅行最後の夜のディナーは、
期待に胸を膨らませて、アルページュへ♪

f0032683_16162771.jpgほぼ一番乗り〜〜〜。
HPと同じく柔らかい曲線があちこちに。
壁にもHPと同じガラスのエッチングが。
パリの王者の様なレストランなのに、
ここのシェフ、アラン・パッサール氏の
プロフェッショナルでストイックだけど
フレンドリーでチャーミングな性格が
そのままお店の中に広がってる感じで、
マネージャーもウェイターも全ての人が
プロフェッショナルで仕事に誇りを持ち
もちろんフレンドリーでチャーミング♪
いやあ、ほんと居心地いいなあ。。。

f0032683_16163820.jpgメニューと一緒にサーヴされたのが、
アミューズ・ブッシュのぷち4連発。
とっても可愛らしいプチ・タルト♪

f0032683_16164838.jpgビーツだったり。。。

f0032683_1617015.jpgプチ・トマトだったり。。。

f0032683_16171240.jpg蕪だったり。。。
自家菜園で採れた、とっても新鮮で
野菜本来の風味たっぷりの素材ばかり。
そして野菜だからといって、そこらの
ベジ・カフェと一緒にしては、ダメ。
ただ新鮮で美味しい野菜のみではなく
最高の素材を活かしきった、調理法。
ちびた3cmの想像を越える深い味わい。
弥が上にも期待に胸膨らみまくり♪

f0032683_16172567.jpgうまーーー。
しばし無言でやっつけたくなる美味しさ。
フレンチランドリーのエッグも大好きだけど、
途中で何度かワインかシャンパンで流さないと
最後の方には、くどく感じたりしちゃったりで。
アルページュのは最後までさらっといけちゃう系。

f0032683_16173630.jpg見た目通り、あっさり系のラビオリ♪
大抵は分厚い系で、お腹に溜まるし、
中の具がくど過ぎて、完食出来ずで、
普段はせいぜい誰かと半分この時のみ。
が、ここのは、シェアしたくなくなる、
全部独り占めしたくなる程の美味しさ。
薄いパスタと包まれた具のハーモニー、
丁寧なスープといい、優しい美味しさ。

f0032683_16175066.jpgこちらが噂のアートな野菜だけの逸品♪
どの野菜にも、それぞれの旨味凝縮。
1つずつ別々に大事に味わいたい感じ。
こんな美味しい野菜料理の毎日ならば、
飽きないからダイエット出来るのにな。

f0032683_1618117.jpgラングスティーヌの火の通り具合にも
アルデンテと表しても良いのであれば、
まさにそんな絶妙のプリプリ加減♪
海老の甘さに、ふわふわフォーム◎

f0032683_16181520.jpgそろそろお腹が膨れて来たはずなのに、
どれもくどさも胃もたれも、全くなし。
ハイビスカスを使った鴨のローストは、
これだけの為に又来たいと思ったほど。
カリカリ香ばしい皮と焼き具合◎の肉。
お腹一杯でもあっという間に完食!!

f0032683_16182664.jpgお料理のグレードが高過ぎたせいか、
意外と普通に思ってしまったデザート。

f0032683_16183752.jpg菜園で採れたハーブ類を使った特製ティー♪
上品な香りと優しい甘さで、お口すっきり。
もし売っていたら買って帰りたかったほど。

f0032683_16185240.jpg残念だったのが、人気のポム・パイ。
ブーケの様に林檎のスライスを巻いて、
パイの中に敷き詰めて焼いたモノ。
上のプティ・フールにも入っていたのと
大きさが15cmと余りにも大き過ぎて、
3口位で食べ倦ねて、ごめんなさい。

f0032683_1619370.jpg帰りのタクシーの中、旦那しゃんと二人で、
今まで食べたフレンチの中でベストだったねー。
本当に全部美味しかったねー、と久々に賞賛の嵐♪
次回のパリでも、絶対ここだけは又来ようと約束♪

f0032683_16191357.jpgあれれ??
エッフェル塔が青く光ってる〜。

f0032683_16192572.jpg帰国して調べてみると。。。
どうやらEU議会の議長国を勤めていたフランスが、
6/30ー8/30の間、EU連合の国旗の色である青色に、
期間限定でエッフェル塔をライトアップしていたそう。
クリスマス・ツリーみたいで、キレイだなあ。。。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-12 19:40 | パリ

パリのお蕎麦屋さん「Yen」♪

f0032683_21561120.jpgレ・ドゥ・マゴでランチにしよう♪
と思いきや、余りも観光客だらけで、
人込みを避ける様に、パスいちっ。

f0032683_2156488.jpgすぐ側にある、お蕎麦屋さん「Yen」へ♪
静かで冷房も効いていて、暑い夏の日には最高。
奥には読書しながら蕎麦を待つパリジャンの姿が。
女性店員さんの可愛らしく、また気の利くこと!
気取りなく、愛想もあり、押し付けがましくない、
自分のお店を持っていたら、ぜひ働いて欲しい程。

f0032683_2157110.jpg飲みたかったけれども我慢して、
ミネラルウォーターで喉の渇きを癒し、
さくさく&からりの天ぷら盛り合せと、
冷たいざる蕎麦を、つるつるつるーっ。
絶妙のタイミングでお代わりを訊ねられ
ついついもう一枚頼んでしまうことに。
追加のつゆや蕎麦湯を出すタイミングも
まるで、老舗高級旅館の女将並み。
旨い蕎麦とおもてなしは値段以上と。

f0032683_21571775.jpgどーんとそびえ立つは。。。

f0032683_21572881.jpgサン・ジェルマン・デ・プレ教会♪

f0032683_21574339.jpg暑い夏でも、クレープは人気のモヨウ。
山積みのヌテッラは一番人気なのかな。

f0032683_21575567.jpgお向かいに、考える人ならぬ、、、
ちょっと休むスーツの男性像を発見。

f0032683_2158579.jpgお散歩を続けるには少し暑過ぎたので、
タクシーを拾って、ホテルまで。。。

f0032683_21582057.jpgホテルのバーで、旦那しゃんと早々と乾杯〜♪
久々にコスモポリタンを頼んでみると、、、
苺の後ろに隠れて、なんとホオズキの実が。
食べようか散々迷った挙げ句、やっぱりパス〜。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-09 22:26 | パリ

パリの街をお散歩&陶芸展示会セール♪

f0032683_2182831.jpgサン・ジェルマン・デュプレにあるのが、
老舗のデパート、ル・ボン・マルシェ♪
まったりしている感じが、結構好きだったり。

f0032683_2184063.jpgお向かいの公園の中にぽつんとある、
小さくて可愛いメリー・ゴーランド♪

f0032683_2185122.jpg1920年創業という老舗の人気カフェ、
カフェ・ドゥ・メトロは、ガラガラ。
ランチ・タイムや午後はどこも大混雑。

f0032683_2195100.jpgサン・シュルピス広場に、到着〜♪
偶然にも陶芸展示会セールを開催中。

f0032683_2191565.jpg結構好みのタイプの渋モダンな器がいっぱい♪

f0032683_2192650.jpg白ベースに黒を混ぜ込んだ、
いい感じの白黒模様の器も素敵。

f0032683_2193819.jpg噴水の前では、お祖父ちゃん@アーティストと、
お手伝いする孫の姿が、何ともほのぼの〜。

f0032683_2194910.jpg一瞬紙製のはりぼてかと思ったほど、
柔らかい色使いと仕上がりの動物たち。

f0032683_211001.jpg巨大おたまじゃくし&なめくじ〜〜〜。

f0032683_21101123.jpgほとんど観光客がいない場所なんだけれども、
隣に教会があり、とても心地良く落ち着ける場所。

f0032683_21102113.jpg真っ青な空と大好きな彫刻のコントラストに、
観光客ゼロといい、なんだか少し得した気分。

f0032683_21105115.jpg峠の御茶屋ならぬ、トウゲイ・カフェ♪
100個以上は有にある個性豊かな器の山から、
自分だけのお気に入りのマイ器が選べちゃう♪
もし気に入ったら、そのままお買上げも可能〜。
こういうお店、あちこちにあればいいのにな。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-09 22:06 | パリ

パリのPIERRE GAGNAIRE(ピエール・ガニェール)♪

パリのフレンチを語るには欠かせない大御所が、ピエール・ガニェール♪
シェフの造り出す料理の数々は、ヒット&ミスなどでは言い表せない、
幾つになってもクリエイティブというか、はたまた冒険家と呼ぶべきか、
普通のシェフでは大凡思いつきもしないであろう素材や組み合わせも多々。

いち主婦+バカ舌のごくちまと旦那しゃんが、話のタネや恐いもの見たさ、
いえ、アメリカ風に言うならば、been there & done that的なノリで、
恐る恐る予約をして出掛けたのが、パリのピエール・ガニェール本店♪

f0032683_1532055.jpg堅苦しくなく、柔らかな照明と、
意外にもポップな感じのインテリア。
雰囲気やサービスも、なかなか〜。

f0032683_15321055.jpgごくちま@普通の主婦が理解かつ楽しめたのは、
このモン・ラッシェのワインだけかも。。。
以下は、凡庸な主婦には説明出来ないというか、
食べたことある人同士でも説明し難い料理なので、
画像のみ、お楽しみくださいまし〜。

f0032683_15322149.jpg

f0032683_15323243.jpg

f0032683_15324280.jpg

f0032683_15325362.jpg

f0032683_1533392.jpg

f0032683_15331335.jpg

f0032683_15332397.jpg

f0032683_15333346.jpg

f0032683_15334370.jpg

f0032683_15335686.jpg

f0032683_1534622.jpg

f0032683_15341919.jpg

f0032683_15342927.jpg

f0032683_15344121.jpg

f0032683_15345372.jpg

f0032683_1535493.jpg

f0032683_1535172.jpg

f0032683_15352851.jpg

f0032683_15353959.jpg

f0032683_15355046.jpg

f0032683_1536398.jpg

f0032683_15361436.jpg以上、なんとも面白い料理といいますか、
次回のパリ旅行での再訪も多分ないですが、
たいへん楽しゅうございました〜♪

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-09 16:04 | パリ

ー極楽非凡なアメリカ人妻の旅行日記ー
by mrs-usa2
プロフィールを見る
画像一覧

ヨーロッパ極妻日記とは、

本家である「アメリカ極妻日記」と「香港極妻日記」の分家で、主に旅の記録を綴ります。

当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。

counter free hit unique web

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな