アメリカ極妻の旅行日記♪

タグ:レストラン ( 24 ) タグの人気記事

香港の広東料理「One Harbour Road (ワン・ハーバー・ロード)」♪

f0032683_20341618.jpgこの夜、ディナーの予約をしてあったのは、
ホテル階下にある、ワン・ハーバー・ロード

f0032683_20342916.jpgあれれのれ?
金曜の夜8時というのに、このガラガラ具合。
ちょっぴりイヤな予感を抱きつつのスタート。

f0032683_20343910.jpgテーブルのコーディネイトは、ごうかーく。

f0032683_20345182.jpgまずは、ブルゴーニュで乾杯〜♪

f0032683_2035267.jpgチャイナは、日本人観光客に人気の
リチャード・ジノリ。。。

f0032683_20351263.jpg旦那しゃんのジノリは、こんな柄。
食べ物を引き立たせるチャイナは、
白と信じて疑わないごくちまなので、
別に嬉しくなかったり致しまする〜。

f0032683_20352967.jpgBBQプレート2種というメニューより、
勝手に決められた2種類はというと、
BBQポークとサックリング・ピッグ。
うーん、特にコメントなし。。。

f0032683_20353998.jpgシン・スライスド・ポークの
チリ・ガーリック・ソースも今イチ。
お肉がパサパサで、味ぼんやり。

f0032683_20355199.jpg干貝柱と卵の白身の炒飯に限っては、
べたべたとお米同士がくっつきまくり、
味も素っ気もなくて、超がっかり。

f0032683_2036450.jpgこれがオススメですというので、
シュリンプの蟹味噌ソースを。。。
プリプリ感あれど、味ぼんやり。
コク風味全くなしのただの海老状態。

f0032683_20361871.jpg終ってる感てんこ盛りのお店は、
デザートのタピオカでさえ、いと哀し。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-12-12 21:02 | 香港

パリのホテル「PRINCE DE GALLES」の朝食♪

f0032683_1582448.jpgロビー横にあるドアをくぐると。。。

f0032683_1583650.jpg落ち着いた感じのホテルのレストラン。
晴れた日は、横の中庭のテーブルがオススメ。

f0032683_1584926.jpgミルク・ティーとグレープ・フルーツ・ジュース♪
アメリカでは高級ホテルでさえパックだったりで、
ちゃんとちゃんとの葉っぱの紅茶が嬉しい〜。
撮り忘れたブレッド・バスケットを頼んだら、
美味しいバターとはちみつやジャムてんこ盛り。

f0032683_159134.jpg旦那しゃんは、オムレツ〜。

f0032683_1591323.jpgごくちまは、目玉焼き〜。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-15 15:18 | パリ

パリのフレンチ「l'Arpège(アルページュ)」♪

f0032683_16161372.jpg今回のパリ旅行最後の夜のディナーは、
期待に胸を膨らませて、アルページュへ♪

f0032683_16162771.jpgほぼ一番乗り〜〜〜。
HPと同じく柔らかい曲線があちこちに。
壁にもHPと同じガラスのエッチングが。
パリの王者の様なレストランなのに、
ここのシェフ、アラン・パッサール氏の
プロフェッショナルでストイックだけど
フレンドリーでチャーミングな性格が
そのままお店の中に広がってる感じで、
マネージャーもウェイターも全ての人が
プロフェッショナルで仕事に誇りを持ち
もちろんフレンドリーでチャーミング♪
いやあ、ほんと居心地いいなあ。。。

f0032683_16163820.jpgメニューと一緒にサーヴされたのが、
アミューズ・ブッシュのぷち4連発。
とっても可愛らしいプチ・タルト♪

f0032683_16164838.jpgビーツだったり。。。

f0032683_1617015.jpgプチ・トマトだったり。。。

f0032683_16171240.jpg蕪だったり。。。
自家菜園で採れた、とっても新鮮で
野菜本来の風味たっぷりの素材ばかり。
そして野菜だからといって、そこらの
ベジ・カフェと一緒にしては、ダメ。
ただ新鮮で美味しい野菜のみではなく
最高の素材を活かしきった、調理法。
ちびた3cmの想像を越える深い味わい。
弥が上にも期待に胸膨らみまくり♪

f0032683_16172567.jpgうまーーー。
しばし無言でやっつけたくなる美味しさ。
フレンチランドリーのエッグも大好きだけど、
途中で何度かワインかシャンパンで流さないと
最後の方には、くどく感じたりしちゃったりで。
アルページュのは最後までさらっといけちゃう系。

f0032683_16173630.jpg見た目通り、あっさり系のラビオリ♪
大抵は分厚い系で、お腹に溜まるし、
中の具がくど過ぎて、完食出来ずで、
普段はせいぜい誰かと半分この時のみ。
が、ここのは、シェアしたくなくなる、
全部独り占めしたくなる程の美味しさ。
薄いパスタと包まれた具のハーモニー、
丁寧なスープといい、優しい美味しさ。

f0032683_16175066.jpgこちらが噂のアートな野菜だけの逸品♪
どの野菜にも、それぞれの旨味凝縮。
1つずつ別々に大事に味わいたい感じ。
こんな美味しい野菜料理の毎日ならば、
飽きないからダイエット出来るのにな。

f0032683_1618117.jpgラングスティーヌの火の通り具合にも
アルデンテと表しても良いのであれば、
まさにそんな絶妙のプリプリ加減♪
海老の甘さに、ふわふわフォーム◎

f0032683_16181520.jpgそろそろお腹が膨れて来たはずなのに、
どれもくどさも胃もたれも、全くなし。
ハイビスカスを使った鴨のローストは、
これだけの為に又来たいと思ったほど。
カリカリ香ばしい皮と焼き具合◎の肉。
お腹一杯でもあっという間に完食!!

f0032683_16182664.jpgお料理のグレードが高過ぎたせいか、
意外と普通に思ってしまったデザート。

f0032683_16183752.jpg菜園で採れたハーブ類を使った特製ティー♪
上品な香りと優しい甘さで、お口すっきり。
もし売っていたら買って帰りたかったほど。

f0032683_16185240.jpg残念だったのが、人気のポム・パイ。
ブーケの様に林檎のスライスを巻いて、
パイの中に敷き詰めて焼いたモノ。
上のプティ・フールにも入っていたのと
大きさが15cmと余りにも大き過ぎて、
3口位で食べ倦ねて、ごめんなさい。

f0032683_1619370.jpg帰りのタクシーの中、旦那しゃんと二人で、
今まで食べたフレンチの中でベストだったねー。
本当に全部美味しかったねー、と久々に賞賛の嵐♪
次回のパリでも、絶対ここだけは又来ようと約束♪

f0032683_16191357.jpgあれれ??
エッフェル塔が青く光ってる〜。

f0032683_16192572.jpg帰国して調べてみると。。。
どうやらEU議会の議長国を勤めていたフランスが、
6/30ー8/30の間、EU連合の国旗の色である青色に、
期間限定でエッフェル塔をライトアップしていたそう。
クリスマス・ツリーみたいで、キレイだなあ。。。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-12 19:40 | パリ

パリのお蕎麦屋さん「Yen」♪

f0032683_21561120.jpgレ・ドゥ・マゴでランチにしよう♪
と思いきや、余りも観光客だらけで、
人込みを避ける様に、パスいちっ。

f0032683_2156488.jpgすぐ側にある、お蕎麦屋さん「Yen」へ♪
静かで冷房も効いていて、暑い夏の日には最高。
奥には読書しながら蕎麦を待つパリジャンの姿が。
女性店員さんの可愛らしく、また気の利くこと!
気取りなく、愛想もあり、押し付けがましくない、
自分のお店を持っていたら、ぜひ働いて欲しい程。

f0032683_2157110.jpg飲みたかったけれども我慢して、
ミネラルウォーターで喉の渇きを癒し、
さくさく&からりの天ぷら盛り合せと、
冷たいざる蕎麦を、つるつるつるーっ。
絶妙のタイミングでお代わりを訊ねられ
ついついもう一枚頼んでしまうことに。
追加のつゆや蕎麦湯を出すタイミングも
まるで、老舗高級旅館の女将並み。
旨い蕎麦とおもてなしは値段以上と。

f0032683_21571775.jpgどーんとそびえ立つは。。。

f0032683_21572881.jpgサン・ジェルマン・デ・プレ教会♪

f0032683_21574339.jpg暑い夏でも、クレープは人気のモヨウ。
山積みのヌテッラは一番人気なのかな。

f0032683_21575567.jpgお向かいに、考える人ならぬ、、、
ちょっと休むスーツの男性像を発見。

f0032683_2158579.jpgお散歩を続けるには少し暑過ぎたので、
タクシーを拾って、ホテルまで。。。

f0032683_21582057.jpgホテルのバーで、旦那しゃんと早々と乾杯〜♪
久々にコスモポリタンを頼んでみると、、、
苺の後ろに隠れて、なんとホオズキの実が。
食べようか散々迷った挙げ句、やっぱりパス〜。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-09 22:26 | パリ

パリのPIERRE GAGNAIRE(ピエール・ガニェール)♪

パリのフレンチを語るには欠かせない大御所が、ピエール・ガニェール♪
シェフの造り出す料理の数々は、ヒット&ミスなどでは言い表せない、
幾つになってもクリエイティブというか、はたまた冒険家と呼ぶべきか、
普通のシェフでは大凡思いつきもしないであろう素材や組み合わせも多々。

いち主婦+バカ舌のごくちまと旦那しゃんが、話のタネや恐いもの見たさ、
いえ、アメリカ風に言うならば、been there & done that的なノリで、
恐る恐る予約をして出掛けたのが、パリのピエール・ガニェール本店♪

f0032683_1532055.jpg堅苦しくなく、柔らかな照明と、
意外にもポップな感じのインテリア。
雰囲気やサービスも、なかなか〜。

f0032683_15321055.jpgごくちま@普通の主婦が理解かつ楽しめたのは、
このモン・ラッシェのワインだけかも。。。
以下は、凡庸な主婦には説明出来ないというか、
食べたことある人同士でも説明し難い料理なので、
画像のみ、お楽しみくださいまし〜。

f0032683_15322149.jpg

f0032683_15323243.jpg

f0032683_15324280.jpg

f0032683_15325362.jpg

f0032683_1533392.jpg

f0032683_15331335.jpg

f0032683_15332397.jpg

f0032683_15333346.jpg

f0032683_15334370.jpg

f0032683_15335686.jpg

f0032683_1534622.jpg

f0032683_15341919.jpg

f0032683_15342927.jpg

f0032683_15344121.jpg

f0032683_15345372.jpg

f0032683_1535493.jpg

f0032683_1535172.jpg

f0032683_15352851.jpg

f0032683_15353959.jpg

f0032683_15355046.jpg

f0032683_1536398.jpg

f0032683_15361436.jpg以上、なんとも面白い料理といいますか、
次回のパリ旅行での再訪も多分ないですが、
たいへん楽しゅうございました〜♪

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-09 16:04 | パリ

パリのイベリコハム専門店「Bellota Bellota」♪ oishii

f0032683_21315279.jpgジョルジュ・サンクから歩いてすぐ。
イベリコ・ハム好きには溜まらない、
専門店のベジョータ・ベジョータ
ベジョータとは、どんぐりを食べる
豚さんに限って名乗って良い商品名。

f0032683_2132278.jpgぷひぷひぷひ〜♪
そんな感じでお出迎えする豚さんたち。
スペインのイベリコ・ハム産地の地図。

f0032683_21305366.jpgお店の壁にずらりと並ぶ、豚さんの足♪
大トロのブロックくらいに悩ましい〜。

f0032683_21303989.jpg3種類のイベリコ・ハムが勢揃い♪
どれか迷ったら味見させてと頼むと、
さくっとスライスしてくれます。

f0032683_21311475.jpg何グラムとオーダーするのが面倒なら、
レジの前と冷蔵ショーケースの中、
そして各イベリコハムの前の箱に、
既にカット&真空パックされた商品有。

f0032683_21314122.jpgサンドイッチは、€7ほど。
コーラやエビアン、そしてグラス・ワインも。
サンドイッチのパンは普通のフランスパンで、
バターを塗って、イベリコハムを挟んだだけ。
一口噛むと、じわーっと旨さが口中に広がる〜。

f0032683_21321712.jpgここで食べるもよし、下のカフェで食べるもよし。
小腹が空いた時のスナックに最高。

f0032683_21312692.jpg100g=€26.65から買え、1Kg=€109と超お得。
すぐに食べる場合は、真空パックではなく、
ラップで挟む様な簡易包装にして貰えます。

f0032683_21341454.jpg真空パックは2ヶ月程は保存可能。
100gずつからパックにしてくれて、
100gあれば、2人で充分楽しめる量。
ハムやサラミが沢山食べれない人は、
30gもあれば、充分堪能出来るはず。

香港にも、イベリコハムを扱っている
スーパーは至る所にあるのだけれども、
今ひとつ回転や保存状態が悪いのか、
香りが飛んでいたり、少し古い風味が。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-08 22:12 | パリ

パリのお寿司屋さん「Meiji/めいじ」♪

f0032683_21154959.jpgフレンチは嫌いじゃないけれども、
月に一度で充分だったりするので
パリ滞在中には、和食で胃の洗浄♪
ホテルに近かったという理由だけで
ランチにMeijiへとお邪魔することに。
寿司カウンターにて、おまかせを♪
新鮮で甘い帆立からのスタート。

f0032683_2115598.jpg甘海老も可愛らしい盛りつけで登場。

f0032683_21161118.jpg鰤もポン酢系と出て来たり。。。

ここら辺で、ぴーんと来てしまった人、大正解っ。
こちらはフランス人ご用達のオシャレな和食のレストラン。
普通にお寿司を楽しみに来ると、あれれれれ?と拍子抜けしちゃうかも。
例えるならば、Nobu系のアッパーな創作和食という感じでしょうか。

ちなみに、寿司カウンターの粋な大将は、元ノブの料理長だったそう。
パリのノブといえば、あっという間にクローズしてしまいましたよね。
お客さんの入りは良かったそうで、経営者側が揉めたとかの類いだそう。

f0032683_21162185.jpg中トロもポン酢系だったかなあ。
ノブ系が苦手なので、ちょっと落胆。
せっかくの中トロが、なんて思う始末。
いずれも、なかなかに良い素材だけに、
全ては、ごくちま自身の選択ミス。。。

f0032683_21163166.jpg和牛のステーキも、しっかりノブ風。
胃と口をリセットする為に来たのに、
当分外食要らないと思い始める程に。
慌てて、握りのみをリクエスト。

f0032683_21164079.jpgイカに鮪に鮭の握り。
サンフランシスコと大差ない感じ。

f0032683_2116516.jpg鰺か何かと、貝柱の握り。

f0032683_2117323.jpg海老と鰤の握り。

f0032683_21174697.jpg甘い蟹肉の握りは、明太子のタレだったかな。

f0032683_21175998.jpg鮑&肝のタレと、とこぶしの握り。

寿司カウンターで握って下さった大将、多分器用な方なんでしょうね。
うまーーーって感じのお寿司ではなく、とても品のあるお寿司というか。
お店のスタイルもあるし、ごくちまの好みとは違っていた、ということで。

f0032683_21181066.jpgお腹一杯でお店を後にすると、、、
通りには幸せ一杯の花嫁さんが♪
超キュートなウェディング・ガウンは、
膝上丈のシフォンのミニミニ・ドレス。

f0032683_21182455.jpgどこかでお茶でもしようかな〜。
それとも街をお散歩しようかな〜。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-11-05 21:56 | パリ

パリのスペイン料理店「Le Fogon/ル・フォゴン」のパエリア♪

f0032683_21253335.jpgフランス人の友人夫妻とディナーに訪れたのが、
この夜訪れたのが、スペイン料理のル・フォゴン♪
まずは、結構好みだった重く美味しい赤で乾杯♪

f0032683_21254254.jpgアミューズのスープとアンチョビ。
アンチョビが悪い意味で少し臭い感じ。

f0032683_21255290.jpg写真奥からイベリコハムのコロッケに
イベリコハムとイベリコ・チョリソー♪
コロッケとハムは、すごく美味しい〜。
辛みが、せっかくのコクを殺してる??
既に、これだけで充分に幸せ〜〜〜。

f0032683_212634.jpgラングスティーヌのパエリア♪

f0032683_21261294.jpgイカスミを頼んだのに間違えて届いた、
小イカのなんとも平凡なパエリア。
こちらのパエリアも上のパエリアも
お米が、おじやみたいに柔らかくて、
サフラン独特の香りも余り強くなく
自分で作るパエリアの方が美味しい。
なんて思ってたら、友人夫妻も賛同。
嬉しい様な恥ずかしい様な哀しい様な。

f0032683_2126232.jpgデザートのチーズと無花果コンポートだったかな。
奥のゼリーは、食べてないので分らず。

f0032683_21263491.jpgスペイン風のカスタード・プリン。
アメリカのクリーム・ブリュレと激似。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-10-19 21:41 | パリ

パリのマカロン&国虎屋のうどん♪

f0032683_2055239.jpgさーて、どこのマカロンだ?
某ショップのキッチン見学をした話は、
長くなるのでまた後日という事で。。。

f0032683_20553841.jpgわんこパラダイスのパリの街中では、
ご主人さまがお買い物してる間にじっと待つ、
こ〜んなとっても良い子たちが、たっくさん。

f0032683_20555126.jpgパリのエルメスのディスプレイが一番好き♪
お店の上にある、エルメス美術館にお邪魔して、
世界中のアンティークに、うっとり。。。
乗馬関連の物から、ずいぶん昔の顧客名簿や、
一見するとピクニック・セットの様でいて実は、
長旅用のトランク型ティー・タイム・セットには
ちゃんと手鏡やパフュームの瓶のスペース付き。
ごくちま@ミーハーな主婦が一番トキめいたのは、
エルメスのロゴ・マークの原案となったデッサン♪

f0032683_2056126.jpgと、突然降り出した大雨に、
コレットの前では、帰りの車や
タクシーを待つ人が、いっぱい。

f0032683_20561277.jpg街角の本屋さんはというと、
何とも手際良く、ささっと雨除け。

f0032683_2056231.jpgなかなか止みそうにないし、雨宿りしようかな。

f0032683_20563842.jpg雨宿り@国虎屋の国虎うどん♪
いつもランチ・タイムは長い行列。
店員さんらの対応&サービスは◎。
肝心のおうどんの方はというと、
期待し過ぎた為か、余り感動なし。
白味噌ベースで、豚肉&大根入り。
おうどん自体のコシもいまひとつ。
ハワイのジンボの方が美味しい〜。
と思うのは、住んでたからかなあ。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-10-19 21:21 | パリ

パリ市内をお散歩〜ルイ・ヴィトンのモペット♪

f0032683_1437180.jpgランチの後は、お散歩スタート♪

f0032683_14371578.jpg緑いっぱいのパリのアパルトマン♪

f0032683_14372812.jpgモンテーニュ大通りのLVMH本社には、
今も大きな村上隆の巨大なオブジェが。。。
個人的には、彼の参加前が好きだったなあ。

f0032683_14373964.jpgゆっくりとお買物が楽しめる通り。
興行ポスターも、オシャレでいい感じ。

f0032683_1437497.jpgこの角の建物の雰囲気が好き〜〜〜。

f0032683_14375979.jpgシャンゼリゼ大通りの先に見えるのは、象??

f0032683_14381032.jpgキレイなタイ・シルクでお粧しした、
タイ大使館か何処かの展示用の象♪

f0032683_14381996.jpg観光名所でもあるラトリエ・ルノー。

f0032683_14382991.jpgこの日は真夏日で、日陰といえども、
むわっと蒸暑い30度超えの午後。。。

f0032683_14384054.jpgラデュレ・シャンゼリゼ店は今日も大人気。

f0032683_14385596.jpgランデヴー・トヨタも頑張ってる〜〜〜。
ちびたな新車は、ドア・ミラーなし??

f0032683_14391827.jpg大人気のル・フーケも満員御礼状態。
後ろには、メゾン・ルイ・ヴィトン。
こちらも常に満員&完売御礼状態〜。

f0032683_14393116.jpgこの先は、シャルル・ド・ゴール広場。

f0032683_1439418.jpg凱旋門に到着〜〜〜♪
上手く写真を撮りたくても、周りには樹木が沢山。
街灯もぐるりと囲む様に設置されているし〜。

f0032683_14401289.jpg多分、観光客が道路内に入らない様にと、
柵が置かれているのが、これまた構図の邪魔に。
引っ切りなしに通る車といい、みつこし〜〜〜。

f0032683_1440315.jpgモンソー公園辺りまで足を伸ばすと。。。

f0032683_14404690.jpgものすごい黒煙と人だかりが。

f0032683_14405961.jpg左奥の車が燃えてしまったらしく、
幸い怪我人はなしとのこと。。。
側の車に引火せぬことを祈りつつ。

f0032683_14411189.jpgパリのマダムはモペットでお花屋へ。

f0032683_14412296.jpg美味しそう〜、でも甘そう〜。

f0032683_14413370.jpg少し離れるだけで、とっても静かな住宅街。

f0032683_1441441.jpgエスプレッソやカフェは如何?
真っ赤な可愛いトラックのベンダー♪

f0032683_14415634.jpgオペラ・ガルニエの裏側に到着〜。
さすがに疲れて、タクシーでホテルへ。

f0032683_144297.jpgジョルジュ・サンク前に鎮座ましました
LVはモノグラム柄の派手派手モペット♪
タンデム仕様なところが、ごうかーく。
でも、乗る勇気、ないかも〜〜〜。

f0032683_14422246.jpgこの夜のディナーは、アメリカ人の友人の引率で、
オデオン座近くのシェ・メートル・ポールへ。
鴨や羊といった、ややクラシックなフレンチ系。
まずはシャンパン、アミューズはラタトゥイユ。
意外と薄味のバターたっぷりのエスカルゴに、
柔らかいラムのトマト煮込み、ラム・シチュー。
おしゃべりに、ワインも白赤数種類楽しめたり、
でもクラシックなフレンチって、やっぱり苦手〜。
日本の旅行代理店が日本人観光客を流してるらしく
日本語を話すウェイターに、お菓子の手土産も。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-10-01 15:55 | パリ

ー極楽非凡なアメリカ人妻の旅行日記ー
by mrs-usa2
プロフィールを見る
画像一覧

ヨーロッパ極妻日記とは、

本家である「アメリカ極妻日記」と「香港極妻日記」の分家で、主に旅の記録を綴ります。

当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。

counter free hit unique web

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな