アメリカ極妻の旅行日記♪

タグ:ローマ ( 7 ) タグの人気記事

ローマのホテル「De Russie/デ ルシー」のカフェ・テラス♪

f0032683_225501.jpg街を散策した後はホテルに戻り、
シャワーを浴びて、しばし休憩。

f0032683_226322.jpgディナーの前に、中庭のカフェテラスへ。
ローマ街中には珍しく緑がいっぱいのテラス。
階上には人気のパティオ・レストランがあり、
ディナーにとドレスアップした人も、ちらほら。

f0032683_2261410.jpgイタリアなので、ベリーニをチョイス♪
フレッシュなピーチを使用している為、
妙な甘さもフェイクな香りも全くなし。
オリーブ各種に、チーズやナッツに、
フルーツに野菜のディップ、ポテチと
おまけのおつまみの盛沢山なこと!

f0032683_2262567.jpgロビーには、幾つかの彫刻が飾ってあったり、
中央には、蘭の花が入ったガラスの鉢植えが、
豪華さよりも、アートな感じに吊るされていたり。

f0032683_2263682.jpg女性用のパウダールーム。。。
あれれ?シニョーレって男性では?
シニョリーラ、シニョーラが女性では?
スカートのイラストで、中も女性用。
男性用は、スーツのイラストだったし。
あれれのれ〜?

この日の夜は、ビジネス・ディナーということで、画像はなし。
レストランは、某ブランドのオフィス真裏のDue Ladroniへ。
メディテラニアン風の魚介類が豊富の胃に優しいイタリアン。
小ダコのスパゲッティは、日本人好みのくせになる美味しさ。
甘かったスキャンピは、少しミソの部分が生臭みを感じたりも。
塩釜で焼いた鯛か何かの白身のお魚は、ふっくら&あっさりで最高。
デザートのバニラ・アイスクリームは、濃厚な生クリーム系。
ほぼローカルのビジネスマン&常連しゃんで予約は必須。
大変美味しゅうございました〜♪

f0032683_2264792.jpg日付は変わり、翌朝のルームサービス。
この日は、朝一番で移動だったので。
まだ昨夜(6時間前)のディナーが、
しっかりお腹の中に残ってる満腹状態。
ミルクだけ飲んで、ごくちまは終了〜。

f0032683_226585.jpg殆ど立ち寄ることのなかった、ロビー横スペース。

f0032683_227938.jpg中庭のカフェへの入口前のオブジェ。

f0032683_2272212.jpg営業時間前とあって、ひっそりとした雰囲気。。。

f0032683_2273321.jpg今回は、イタリア間なので電車で移動。
発車するまでは暑いけど徐々に冷房が。
車内は常に清潔で、結構ガラガラ。。。
2時間程の移動距離で、サービス付き。
ワゴンにて、お水やジュースの類いと、
ちびた袋菓子とおしぼりのおまけ有り。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-07-28 03:21 | ローマ

ローマをお散歩:トレヴィの泉〜スペイン広場♪

f0032683_1272210.jpgでっかい屋台〜〜〜、しかも2台も〜。
こんな大きな屋台側には何かあるはず。

f0032683_1273393.jpgやっぱりな〜、な、トレヴィの泉♪

f0032683_1274465.jpgこの日もすごく暑かったので、
涼しげなブルーの泉に集まる人だかり。
この日一番の人気スポットだったかも?

f0032683_128556.jpg遠くから全景を撮ろうとしたのだけれども、
こんな風に人と屋台の山が視界をブロック。

f0032683_128164.jpg清涼感ある水の音と色に癒され、
中央に静かに佇むネプチューンこと、
ポセイドン(水の神様)に感謝しきり。

f0032683_1282889.jpg最訪願い泉の中へコインを投げる人もおらず、
泉の中にもコインの姿は一枚もなしの状態。
昨年起きた、赤い塗料投げ込み事件以来、
投げ入れること自体、禁止にでもなったのかな?

f0032683_1284076.jpg泉の右側にある、ポンプに群がる少女たち。
持参したボトルの水を飲み干しては、また汲んで。
その繰返しで、独占していた学生旅行の団体。

f0032683_1285191.jpg泉右斜め後ろのビルディング。

f0032683_129385.jpg泉耳横のビルディングの角っこ。
とっても凝った造りで、部分的に少し渋こわっ。

f0032683_1275426.jpgやっぱりここでも大人気??
ココナッツをカットしたモノ、強気の1ユーロ。
そういえば、モルディブでダイブすると、
必ずといって良い程、おやつに出て来たのが、
このカットしたココナッツだったなあ。。。
南の島だけに、普通に受けとめていたけれど、
もしかしたら欧州からのゲストが多い為かなあ。

f0032683_1291451.jpgまたまた、ピノキオのお店を発見。

f0032683_129253.gifこちらは、ブリキ製の人形のお店。

f0032683_1293780.jpg通りがかった普通のビルの前。
この絵になる遠近感や、ひんやりした空間が好き。

f0032683_1294987.jpgスペイン広場のオベリスク。

f0032683_130252.jpg階段が少し見えて来た〜〜〜。

f0032683_1301462.jpgあれれ?一昨年に訪れた際には、
階段のあちこちに沢山の警官が待機し、
座ったり立ち止まる事は、一切禁止。
ところが、今年は警官の姿は殆どなく、
暑い最中でも結構な数の人が座ってる。
またまた条例が変わった様子。。。

f0032683_1302758.gifココナッツとは違い、不人気の焼きぐり。
この暑さでか、客どころか店員の姿もなし。

f0032683_1303887.jpgスペイン広場の正面から。。。

f0032683_130522.jpg暑さで馬車も不人気だったせいか、
お馬さん@はむはむやむやむ休憩中。

f0032683_1311160.jpgスペイン広場からホテルに帰る途中、
スペイン広場より気に入ってしまったロバ。
おや?ロバの後方に見えるは。。。

f0032683_1312420.jpg今回かなりツボに入ってしまった、
ローマおじしゃん@カトちゃんポーズ♪
アメリカや日本ではあり得ないタイプ。
いい感じに斜めに置かれた自転車といい
こんなのが街の片隅にあると、和む〜。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-07-28 02:12 | ローマ

ローマのレストラン「Ristorante da Fortunato」♪

f0032683_5273054.jpgパンテオンの噴水周りのレストランは、
どこも観光客で一杯で、冷房も効いてなさげ。
せっかくなら涼しく美味しいお店で食べたいと、
パンテオン周辺のブティックへ顔を出しては、
何気に、美味しいお店のサーチをしてみたり。
結果、ローカルに圧倒的人気だったイタリアン、
Ristorante da Fortunato」へ、ゴー♪
入口のケースには、本日の新鮮な魚介類やお肉が。
店内の壁には来店した欧米のセレブらの記念写真。
ミーハーな割に店員は真面目な冗談を言わない系。
日本人どころか、欧米からの観光客も一切なし!
ランチ時の客層は、大半が商談中のビジネスマン。
残りは、いかにもお金持ちなロコのファミリーら。

f0032683_5274215.jpg白ワインとお水で喉の渇きを癒し?
プロシュートとメロンの前菜を。
アメリカで食べる生ハムに近い感じ。
普通に美味しいっ。

f0032683_5275386.jpgお隣のテーブルのオーダーした、
プッタネスカのスパゲッティ。
余りにも美味しそうだったので激写。
と、お隣のビジネスマンらが笑顔で、
「良かったら味見する?」のオファー。
さすがにそこまでは図々しく出来ず。

f0032683_528456.jpgイタリアン・パスタの醍醐味??
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ♪
ガーリックが利いて、美味しい〜。
基本に忠実なアルデンテのパスタ。
時間さえあればディナーしたかったな。


Via del Pantheon, 55
Roma, Lazio 00186, IT
55. Tel. 06 67 92 788

f0032683_5281663.jpgレストランそばのお店で、ヒトメボレ〜♪
もう少し安かったら、連れて帰りたかったな〜。

f0032683_5283054.jpgちょっと歩いただけで、すぐに喉が渇く始末。
ランチのワインのせいではなく、暑さのせい。
小さなカフェで、お水しか買えないつまらなさ。

f0032683_5284287.gif今時珍しいコーディネイトというか、
なんともジャンクてんこ盛りのお店。

f0032683_5285332.jpgこれまた、Tシャツてんこ盛りのお店。
ワイキキいんちきマーケットを、
彷彿させる、チープな嗅ぐわい〜。
冷房はないは、安っぽい柄ばかりだわ、
ゴミゴミしてるわ、センス悪いわ、と、
暑い日は特に購買欲が失せまくり。。。

f0032683_529634.jpgと、何気に撮った、ここの商品のひとつ。。。
色とりどりのベスパが並んだ布製のバッグ♪
今見ると、結構可愛いって思ったりして。

f0032683_5292165.jpgアメリカンなバーガー・ショップを発見。
若い女の子らの間で、かなり人気な様子。
ホットドッグと普通のハンバーガーは1ユーロ。
200gのジャイアント・バーガーは6.50ユーロ。
サイドは、お馴染みのオニオン・リング以外に、
ハラペーニョやモツァレラチーズのフライも。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-07-26 06:11 | ローマ

ローマのパンテオン&ロトンダ広場♪

f0032683_11352653.jpgアンティークなミシン、いい感じ。

f0032683_1135386.jpg温かみのある木彫りの動物たち。。。

f0032683_11354933.gifわんこのふにふにしした笑顔を観ていたら、
ホクとラニが恋しくなっちゃったり。。。

f0032683_1136065.jpgコロンナ広場に到着。

f0032683_11361296.jpgマルクス・アウレリアスの記念柱。
暑くなかったら、じっと眺めたかったな。。。

f0032683_11362342.jpg容赦ない日差しを、塔の影でカバー。

f0032683_11363449.jpgすぐ側にある、モンテチトリオ広場。

f0032683_1137619.jpgイタリアのカフェテリア、バール。

f0032683_11371728.jpgコーヒーが飲めないので、楽しさ半減〜。

f0032683_11373071.jpgラファエロが眠るパンテオンに到着。

f0032683_11374185.jpg噴水をぐるりと囲む様に、周囲にはカフェだらけ。
「ローマの休日」のシーンを真似てなのか、
大勢の人が、お茶@冷房なしのパティオ席。
摂氏30度を超える気温の中、ご苦労様〜。

f0032683_11375451.jpgパンテオンの入口には馬車が数台。
もう少し曇りか涼しかったりしたらば、
馬車でまわるローマも楽しいかと。。。

f0032683_1138578.jpgパンテオン内は、大きなドーム型。
その大きさや凄さや神秘的な感覚は、
ちびたデジカメでは捉えきれない〜。
コロッセオやフォロ・ロマーノとは、
また違う重さや深さを感じる建築物。

f0032683_11381825.jpgそれぞれの絵画の意味を考えてみたり。

f0032683_11383167.jpgいくつかの彫刻に見入ってしまったり。

f0032683_11384376.jpg外観に比べ、ものすごく凝った内観。
ラファエルの墓以外にも何名かの芸術家や、
ヴィットリオ・エマヌエレ2世の墓に、祭壇も。

f0032683_11385520.gifパンテオンの前には、古代ローマ人を発見!
幾らか払うと、一緒に記念撮影可能だとか。

f0032683_1139976.jpg結構売れていたのが、この紙の傘。
中国ちっくな色柄のかなり安いモノ。
なんでも商売になっちゃうのね〜。

f0032683_11392329.jpgイタリアの水道水はキレイなんだそう。
ボトルに詰め込む人々を観ていたら、
圧倒的な数で、欧米の人たちばかり。
ある意味、日本人よりエコロジー??

f0032683_11393845.jpgかなり笑えたのがロトンダ広場の噴水。
イルカの頭と表情に、ご注目を♪

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-07-25 12:50 | ローマ

ローマ市内を、ぶらぶらと観光♪

f0032683_7545571.jpgホテルの廊下は暗めなので、
彫刻プレートもステキな感じ♪

f0032683_7552047.jpg廊下から、窓の外を眺めてみると、
緑に囲まれた屋外のレストランと、
中庭のパティオのカフェテリアが。

f0032683_7553399.jpgポポロ広場の前で地図と睨めっこ。
方角を確かめて、いざスタート!

f0032683_755444.jpgお巡りさんの足代わりのお馬さん♪

f0032683_7555583.jpgみーんな揃って、おりこうさん♪

f0032683_756675.jpg果てしなく続く、ベスパ@ドミノ状態。

f0032683_7561888.jpg何でもないビルの入口からの眺め。。。

f0032683_7563096.jpgローマのあちこちでも、修復作業中。

f0032683_7564270.jpg色合いが優しくていいなあ。。。

f0032683_7565377.jpg噴水の前でファミリーが休憩中。

f0032683_757690.jpg街の至る所に絵描きの姿を発見。

f0032683_7571781.jpgほんと、な〜んでもないビルが渋いっ。

f0032683_7572944.jpgこういうのって計算じゃないだけに、すごい。

f0032683_7574113.jpg目的地のナヴォーナ広場に、到着〜。
と、中央の何かが塀に囲まれてる〜〜〜。

f0032683_758591.jpgなんと一番観たかったベルニーニの噴水!
世界四大河の寓意像の、、、一部分のみ見学。
わ、わかりにくい。。。

f0032683_7581773.jpg絵を売ることより、おしゃべりに夢中。

f0032683_7582981.jpgまたもやブランドのコピー商品の露店。

f0032683_758427.jpgネプチューンの噴水。。。

f0032683_759965.jpgカレンダーにポストカードに冊子にと、
売れまくりのお土産ブース。

f0032683_759221.jpg大きくて丸〜い、ナヴォーナ広場。

f0032683_7593851.jpgさて、この建物は何でしょう。

f0032683_7595177.jpg正解は、stadio di domiziano
ナヴォーナ広場は、その昔競技場で、
その競技場の入口だったんだそう。。。
昔は、土地の高さも低かったとか。
>ツアー会社の解説を立ち聞きの巻。

f0032683_801180.jpg観光客が通り過ぎる教会さえも、
この通りの色合いと美しさ〜。

f0032683_802448.jpg狭い路地を抜けて行くと。。。

f0032683_803756.jpg目的地のジェラート屋さんに到着♪

f0032683_804966.jpgお店の奥で代金を支払ってから、
カウンターでレシートを提示するだけ。

f0032683_81238.jpgフレーバーの種類がとっても多くて、
他では見ないフルーツてんこ盛り♪
いちじく2種類、グアバ、マンゴー、
スイカ、ライチ、アボカド、マロン、
ナッツ各種に、なんとヌッテラも!

f0032683_811696.jpgその中から選んだモノは。。。
平凡でゴメンなさい、なミルク味と、
大好きなヨーグルト味の2スクープ。
と、写真を撮ってる間に溶けて来た〜。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-07-24 09:03 | ローマ

ローマのレストラン「Pierluigi」♪

f0032683_23414097.jpgエア・ワンのフライトの遅れのせいで、
ホテルに到着したのは、既に夜の8時過ぎ。
急いでシャワーを浴びて、服を着替えて、
レストランへ向けて、タクシーで出発♪

f0032683_23415254.jpgこの夜のディナーは、「Pierluigi」♪
デ ルシーのコンシェルジュのお勧め。
路地を入ったビルとビルの空間に有り、
冷房の利いた店内のテーブルよりも、
パティオ・テーブルの方が断トツ人気。

f0032683_2342366.jpgワイン・リストもさることながら、
ウェイターらの知識もかなりのモノ。
入荷したばかりのイタリア赤、激旨!
ウェイターは揃ってサービス精神旺盛。
サーヴする度に、ジョークてんこ盛り。
日本語を少し話す親切なウェイターも。

f0032683_23421496.jpgもちもちバッファロー・モツァレラと、
ものすごく美味しいプロシュート♪
この組み合わせ、クセになるかも!

f0032683_23422610.jpgタコのテリーヌ?のスライス♪
噛めば噛む程、旨味が出てくる〜。

f0032683_23423754.jpgミルクのようなな、子牛のような、
そんな甘さと柔らかさと適度な塩味の
もっちりプロシュート、ほんと最高♪

f0032683_23424827.jpgちょっぴり濃いめの味付けなので、
完食は辛いけど、シェアならOKな、
ポルチーニのフェトチーネ♪

f0032683_234307.jpgガーリックが利いて、ワインが進む!
ぷりぷりボンゴレのスパゲッティ♪

f0032683_23431259.jpg熱々のステーキをスライスした、
牛肉のタリアータとルッコラ♪

f0032683_23432323.jpgスウィート・ワインとドーナッツ♪
粉っぽい子供が作った様なドーナッツ。
シナモン&ブラウン・シュガー風味で、
パサパサなのに、なぜかまたひとつ。

f0032683_2343343.jpg〆のジェラートは基本に返って、ヴァニラ♪

f0032683_23434773.jpgローマの人々がパティオ・ディナーを
こよなく愛している理由が分った夜♪
古い建築物に照明がいい感じに当たり、
気取らず、客を楽しませる事に徹する
陽気で親切でお茶目なウェイターらと、
美味しい〜と連呼しちゃうお皿の数々。
そんな至福の気分を味わえる、お店。
住んでいたら、きっと通っちゃうな〜。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-07-24 00:39 | ローマ

ローマのホテル「De Russie/デ ルシー」♪

f0032683_047406.jpgローマのホテルは、デ ルシー
ポポロ広場のすぐ隣と絶好のロケーション。
スペイン広場にも、徒歩10分弱といい感じ。
いかにも、Rocco Forte Collectionなホテル。
フロントから廊下まで、モダンなアートぎっしり。

f0032683_0475217.jpg室内は、ローマにしては広めな方かと。
可もなく不可もなく、のベッドに。。。

f0032683_0485237.jpgベッド・サイドには、サービスのボトル・ウォーター。
スパークリング&スティルと嬉しいセレクション♪

f0032683_048761.jpgベッド左脇にはテーブル&チェア。

f0032683_0482834.jpgテーブル側からオフィス側の眺め。

f0032683_0481749.jpgベッド右脇にはオフィス・デスク。

f0032683_0484076.jpgデスクの上にもアートなオブジェ♪

f0032683_049327.jpgバス・ルームのシンクはシングルだったり、
シンクの下や付近にアメニティ・バッグ等の
置き場所もなくて、かなり使い勝手悪し。
ぶら下げられるタイプのバッグならOKかと。
でも、歯ブラシ等の置き場さえもなし〜。
スイッチ・オンで点灯するミラー。。。

f0032683_0491449.jpgバス・タブは、まあまあの広さ。
シャワーの温度も出も悪くなかったり。
ローブもタオルも、なかなかいい感じ。

f0032683_049261.jpgシャンプー&コンディショナーに、
ソープにボディ・ソープ。。。
イタリアの水道水が、やや硬水なせいか、
髪の毛がバサバサ&ゴワゴワになり易いので、
マイ・コンディショナーは必須♪

f0032683_0493879.jpg黒いケースの中には、シャワー・キャップ、
裁縫セット、綿棒なんかが、ぎうぎう。
かなり水っぽいボディ・ローションも。

f0032683_0495134.jpgコットンがぎうぎうに詰まったケースに、
ソープ&ソープ・ディッシュ。。。
グラスは念の為、自分で再度洗浄が基本。

f0032683_050614.jpgバスルームの隅には、ビデも有り。
マイ・アメニティ・バッグ等を置ける棚も有り。

[PR]
by mrs-usa2 | 2008-07-23 01:20 | ローマ

ー極楽非凡なアメリカ人妻の旅行日記ー
by mrs-usa2
プロフィールを見る
画像一覧

ヨーロッパ極妻日記とは、

本家である「アメリカ極妻日記」と「香港極妻日記」の分家で、主に旅の記録を綴ります。

当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。

counter free hit unique web

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな